Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掃除屋を廃業する理由~Wild bullet~

▼心情
能力者を狙うナンバードがまた現れたのね
そういえば…あの子達は何故能力者を狙うのかしら?
倒すべき仇敵という、そういう事なの?

▼作戦と準備
前衛としてナンバードの抑え役
全体の倒す優先順は、ネズミ>ナンバード

夜に備えての照明は詠唱兵器【禁断】

▼戦闘前
リオちゃんとの交渉は皆にお任せ
黒のビキニで温泉を愉しむわ
交渉が問題無ければ一足先にロビーへ

紹介を受けたら自己紹介ね
「はじめまして、私の事は気軽に月子って呼んで頂戴な。よろしくね」
ふっと微笑んで握手

移動先は人気がなくそれなりの広さのある場所
公園とか都合のいい場所へ行きたいわ
「リオちゃん、この辺りに適当な場所は無いかしら?」
彼女に案内して貰えればそれが一番ね

▼戦闘
開始と同時に前に出て黒燐奏甲を使用
呪髪がざわりとなびいて、唇が嫣然と笑みを刻む
「遊んであげるわ」

立ち回りはリオちゃんの安全を意識
ピストルの射撃に対しては射線を切るように心掛ける
ダメージが防具を抜けたら奏甲を適宜使用

・吸血衝動
激しさを増す戦いに体が熱く火照ってる
濡れた吐息が漏れて、熱を帯びた瞳で彼女を見つめる
「――アナタ、とても美味しそうね」
クスリと笑みを零すと黒き疾風と化して

▼戦闘後
皆無事なら何よりね
出来たらリオちゃんを学園に誘いたいわね
「アナタも一緒に来ない? 何かを守るには力が必要だわ」
手を差し出して、あとは彼女次第

承諾してくれたら嬉しいわ
「大歓迎よ。改めてよろしくね」
と微笑む

▼アビリティ
吸血衝動改×8
黒燐奏甲改×8
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。