Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

烈火の獣刀

▼心情
抗体兵器の日本刀を持った獣人か
相手に不足は無いし存分に愉しむわよ

▼作戦と配置
私は前衛で獣人の抑えね
ざからと連携して烈火刃対策に挟み込むように動くわ

▼戦闘前
陣形を組みながら敵を待ち構える
見回せば殆どが知人っていうのは珍しいシチュエーションね
「暫くぶりだけれど腕は鈍ってないでしょうね?」
ざからに声をかけて不敵な笑みを浮かべる
敵もそうだけれど、ざからが近くに居ると不思議と戦意が高まるわ
魔を喰らう魔、か――

▼戦闘
敵が現れたら作戦通り動きましょう
呪髪を靡かせながら唇が嫣然と笑みを刻む
「遊んであげるわ」

妖獣と獣人に挟まれないよう警戒よ
妖獣のE攻撃を警戒して黒燐奏甲はダメージが七割まで自重
付与・撃破後は防具を抜けたら使用ね

・吸血衝動
炎を纏う斬撃が暴風となって髪を乱れさせる
私を焦がそうとする魔炎の熱さは、しかしむしろ心地良い
「――アナタの鳴き声、聞かせて頂戴?」
甘い囁きと共に黒き疾風と化して

・ざからとコンビネーション
「相変わらず獣みたいね。――負けてられないわ」
パキリと指を鳴らすと黒燐の力を纏った呪髪がざわりと靡く
上品にとは言わないわ。獣のように貪ってあげる

・璃美ちゃん
「助かるわ。私はまだ戦える――」
浄化の力を受けて封術が解けるのを感じる
もっと愉しみましょう?

▼戦闘後
「どうやら終わったわね」
激しかった戦いに吐息を洩らす
ハードだったけれど愉しかったわ
そして皆が無事なら何よりよ
「帰りましょうか」

▼アビリティ
吸血衝動改×12
黒燐奏甲×8
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。