Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法書の最終頁に記された言葉

▼心情
能力者を狙うナンバードが現れたのね
大した強さみたいだけれど、ようは彼を守って敵は倒すだけ
シンプルにいくわよ

▼作戦と配置
前衛で壁役として動きましょう

ダメージが防具を抜けるなら黒燐奏甲を使用
仲間の状況も見ながら適宜対応よ

▼接触
アレク君との接触は地縛霊との戦闘中ね
「――先客がいたようね。手助けはいるかしら?」
不要という事なら任せるわ

必要なら援護して力を見せておきましょう
力だけでも認めてくれると助かるのだけれど

「私は月子――山科月子よ。キミは?」
挨拶をして軽く自己紹介くらいはね

ナンバードが現れたら、
「…のんびりお話とはいかないようね。協力してくれる?」
返事はどうあれ倒すべき敵は倒すだけよ

▼戦闘
開始時に前に出ながら黒燐奏甲を使用するわ
呪髪がざわりとなびいて、唇が嫣然と笑みを刻む
「遊んであげるわ」

・ローリングバッシュ
ガード強化してくるならブレイク狙い
しなやかに体を丸めると地を蹴って飛翔突撃
「アナタの鳴き声、聞かせて貰うわ!」

武器封じ中は攻撃を魔眼に切り替えるわ
「呪いの力を存分に愉しみなさい!」

アレク君には、
「敵は特に火に耐性があるの。キミは他にも使えるでしょ?」
他のアビリティを要請しておくわ

▼戦闘後
「怪我はない? なかなかやるじゃない」
アレク君の力を認めつつ労うわ

「――皆歓迎してくれるわ。勿論私もね」
柔らかく微笑んで手を差し出す
彼は手を取ってくれるかしら?

『救出した能力者を友人に薦める』

▼アビリティ
ローリングバッシュ奥義×4
呪いの魔眼×8
黒燐奏甲×4
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。