Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二刀逸話 ~追憶は西の空に流れる……~

▼心情
葛城山に程近い森で、カタナさんは何を想うのかしら?
かつてあった土蜘蛛との大きな、そして激しい戦い―
私でも少しくらいは彼の助けになれば良いのだけれど…

▼作戦・配置・準備
前衛で姫菊さんをサポートよ

倒す優先順は、蔦蜘蛛>蝶少女
弱った相手を極力狙って数を減らしていきましょう

照明が必要なら詠唱兵器【禁断】で光源を確保
#腰に下げるタイプのランタン

▼戦闘前
「姫菊さん、もしかして緊張してます?」
詠唱銀を振り掛ければ囲まれる――そういう予報だしね
もっとも、姫菊さんならむしろ燃えるシチュエーションかしら?
からかい半分に声をかけて彼女の左側につきましょう
「こちらは任せておいて下さい」
準備は万端
姫菊さんが撒いたら戦闘開始よ

▼戦闘
囲まれながら、むしろ浮かぶ不敵な笑み
蔦蜘蛛はむしろ引き付けて複数を巻き込むように黒燐弾を使うわ
「全ての贄を喰らい尽しなさい…!」
ざわりと呪髪がなびくと花びらのように黒燐蟲が舞い散って―

以降はダメージが防具を抜けた場合は黒燐奏甲を使用
または味方の状況次第で使用するわ

・ローリングバッシュ
「遊びは終わりよ!」
唇が嫣然と弧を描く
地を蹴り空に舞うとしなやかに体を丸めて回転しながら飛翔突撃

▼戦闘後
「皆お疲れ様」
この地でそれぞれの心残りもきっと清算できたと思う
だって悲しみに囚われた顔は無い筈だから
花束を置くサンドラちゃんに微笑みかける
「帰りましょうか」
ポンと肩に手を添えて帰路につきましょう

▼アビリティ
暴走黒燐弾奥義×4
ローリングバッシュ改×4
黒燐奏甲×8
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。