Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破壊の権化、大猿竜プレイング

▼心情
随分と元気のいい妖獣じゃない
相手にとって不足はないし愉しませて貰いましょう?
猿でも竜でも、ケダモノは狩られる運命よ

▼作戦・配置
三方向から妖獣を包囲攻撃する
正面班で前衛を担当

視界内攻撃を一方向に絞らせるよう位置取りに注意

▼戦闘前
晶君に話しかけるわ
「こうして共同戦線は巴ちゃんの時以来よね」
巴ちゃんと比べれば今日の相手は遥かに楽だと思う――
「――なんて油断はしていない? キミがしてる訳ないか」
くすりと笑って肩をすくめる
「頼りにしてるわよ」

▼戦闘
妖獣の出現、戦闘開始と同時にローリングバッシュを使用
「――先手を貰うわ!」
しなやかに身体を丸めると大地を蹴り飛翔する
激しい回転に呪髪を乱れなびかせながら突撃よ

以降は黒燐奏甲を使用して近接戦闘
ダメージが防具を抜ける、また味方が危険な場合も適宜使用

・逆鱗の雨
「来るわ!」
その気配を(鋭敏感覚等で)察知できれば警告

・吸血衝動
「アナタの血であがなわせて貰うわ…!」
呪髪をざわりとなびかせ、私は黒い疾風と化す
存分に貪りましょう

・銀君のカバーリングに
「ふふ、言うじゃない? お言葉に甘えさせて貰いましょうか」
彼に戦線を預けて一度態勢を立て直すわ

▼戦闘後
「やれやれ…随分派手に暴れちゃったわね」
激しい戦いに周囲は酷い有様じゃないかしら?
皆に怪我はないかしら? 全員無事なら何よりね
激しい戦と結果に何処か満足そうに笑みを浮かべる
帰りましょう。巴ちゃんが待ってるわ
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。