Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷たい氷の叫び声プレイング

▼心情
救いを求める女の子か
時々倒す事が救いなのか解らなくなる
彼はなんて答えるかしら?

▼作戦・配置
囮役の海東君(真フランケンFW)に少女を任せる
他のメンバーで妖精を優先して倒す
その後に少女の地縛霊を倒す
妖精を攻撃する場合はダメージを与えている方を優先

位置は前衛
コンテナで味方が分断されないよう意識して声を出す

▼戦闘前
「彼岸花君は彼女を救えると思ってる?」
道中、前を歩く彼に私は声を掛ける
救うべき命の灯は既に絶えているのに、それは本当に救いなのかしら?
気まぐれとも言える問いかけ
彼の返事に私は思わず目を見張る
疑問を挟む余地も無い言葉
「そうね。彼女が待ってるわ」
確信している彼が少しだけ眩しい

▼戦闘
開始時に黒燐奏甲を使用
ダメージが防具を抜けた場合、また囮役を除く味方が危険と判断される時も使用
妖精を倒した後は状況に合わせて使用する

「アナタ達の相手はこっちにいるわよ」
薄く笑みを浮かべ、妖精を挑発して引きつけようとする

・吸血衝動
「アナタはどんな声で鳴くのかしら?」
風も無いのに呪髪がざわりとなびいて

・彼岸花君とコンビネーション
「ここで一気に畳みかけるわよ!」
瞬断撃に合わせて吸血衝動で一気に攻撃

▼戦闘後
皆怪我もなく無事なら何より
囮役の海東君に
「アナタのお陰で助かったわ。ありがとう」
と労う

彼岸花君の肩をポンと叩く
「…彼女はきっと救われたわ。キミのその心にね」
柔らかく微笑み、皆を振り返って一緒に帰りましょう
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。