Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「腕のないギタリストなんていらないから」プレイング

▼心情
腕の無いギタリストって技術の方でしょう?
リアルに腕が無いのは悲劇と言うしかないけれど…
最後の演奏に付き合わせて貰うわ

▼配置・準備・優先順
前衛
夜明け前に合わせて行動開始
照明はベルトに固定できるタイプの物を用意

最優先は地縛霊の少年でジャンクプリズンで攻撃
締め付けに成功したらベース>ドラムで締め付けを狙う
ただしバッドステータス『眠り』になっている対象は除く
解除された場合は地縛霊を再度狙う
アビリティが切れた場合はベース>ドラム>地縛霊

▼戦闘前
「境遇には同情はするけれど、ね」
誰だって四肢をなくしたいとは思わないでしょうし
ただ、ちょっと自意識過剰じゃない?
技術にしても足りなければ置いて行かれるのは必然だしね
「今日でライブは終わらせましょう」

必要であれば合言葉で呼び出しも担当
「彼にはバンドを辞めて貰うわ」

▼戦闘
開始時に黒燐奏甲を使用
ダメージが防具を抜けるor仲間の状態次第で適宜使用
「遊んであげるわ」
嫣然と笑みを浮かべ、呪髪がざわりとなびく

・ジャンクプリズン
「そこがキミの最後のステージよ」

・魔眼使用時
「少しは愉しめそうね」
挑発的な視線、それは四肢を蝕む抗い難い毒を持ち

・バッドステータス魔氷時
「これがキミの絶望? 全然足りないわ」
身も凍る筈の力にも唇は笑みの弧を描く

▼戦闘後
「…残念だわ」
悲しみも絶望も私の心には響かないから
アナタは同情が欲しかった訳ではないでしょう?
「素敵な歌声だったのにね」
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。