Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪†ロマノフ財団†≫『鏡』に映せぬ気高き『心』プレイング

▼心情
訓練の仕上げにはこの上もない相手じゃない?
偽物とはいえ魅力的な財団の子達を相手に出来るなんて素敵だわ
存分に愉しませて貰いましょう

▼配置
前衛

▼作戦
照明必要時は【箒星】を使用
射撃攻撃や集中攻撃を警戒して遮蔽確保を意識
ライトニングヴァイパーも警戒し仲間との隊列に留意
優先順位は、偽リーゼロッテちゃん>偽木霊君>HPの少ない
味方後衛へ敵が行かないよう注意

▼戦闘
偽木霊君を警戒して奏甲は温存
倒しているかアンチウォーヴォイス使い切りなら使用
複数巻き込めるようなら黒燐弾を使用

・黒燐弾使用時
「アナタ達が壊れるまで責めてあげる…!」
黒い桜の花びらのような黒燐蟲が舞い上がり

・魔眼使用時
「何処を見ているの? アナタの相手はこっちよ!」
くすりと嫣然に笑い

・黒燐奏甲使用時
「…好機ね。一気に畳みかけるわ!」
呪髪をなびかせ不敵な笑みを浮かべ

・自身の偽物と対峙
「ふふ、遊んでくれるの…?」
こんな機会滅多にないわ、存分に味あわせて貰いましょう?

・伊吹君の偽物と対峙
「本物に遊んで貰う訳にもいかないし、キミで我慢しておくわ」
彼とはいずれ、また…ね
まともに戦ったら不利だし、間合いを測りつかず離れずよ

▼戦闘後
「お疲れ様。伊吹君、流石ね」
彼の力を改めて実感した戦いだったわね
勿論他の皆もそれぞれに手強く、そして頼もしかったわ
それに…
「本物の方が美人でしょう?」
おどけて笑いかけ、引き揚げましょう
メガリスゴーストの破壊も忘れずにね
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。