Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碧い視線プレイング

▼心情
異国人を排斥した過去の記憶、ね…
いいえ…彼らにとっては未だ終わらない現実なのよね
私達が終わらせましょう

▼配置
前衛

▼作戦
後衛の人に覗いて貰い地縛霊を出現させる
倒す優先順は、男>女>少女
覗き役の10m後方で待機

▼戦闘前
「異なる種を排斥する…私達には切実な話ね」
私達が『能力者』として公に活動してない理由の一つはそこにある筈だから
異分子を排除する、それは過去だけではなく現在も消えてはいない
「…なんてね。センチメンタルだったかしら」
私は霞谷君に声をかける
商人を名乗る彼にとって『人』はどう見てる?
ちょっと興味あるわ

ふと視線を感じて皆月さんに振り返る
「…どうかした?」
微笑みかけて彼女を見る
偶然にも彼女と私は同じ誕生日みたい
仲良くなれたら良いかもね

▼戦闘
開始時に黒燐奏甲を使用
またHPが防具を抜けた場合も使用
「負の連鎖をここで断ち切るわ」

・ローリングバッシュ使用時
「アナタはどんな声で鳴くのかしら?」
攻勢の気配にざわりと髪をなびかせ飛翔突撃

・魔眼使用時
「…油断ね。その隙を突かせて貰うわ!」
呪いの視線で敵を射抜く

・武器封じを受けた人へ
「大丈夫、落ち着いて。皆が時間を稼いでくれるわ」

・霞谷君とコンビネーション時
「キミなら合わせられるでしょ?」
くすりと笑みを浮かべ攻撃よ

▼戦闘後
「終ったわね」
達成感はなく、けれど一つの結末には違いない
皆の様子を確認、無事なら引き揚げましょう
せめて安らかにと一度だけ振り返って
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。