Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人力車に、大正ロマンを乗せて

▼心情
大正時代に思い入れがあるのかしら?
素敵だと思うけれど、何故彼がそこまで拘るのかは謎ね
…色々考えずに愉しめば良いわよね

▼服装
袴にブーツのオーソドックスなスタイル
髪はポニーテールに結っておきましょう
連夜さんがどんな格好をしてくるか愉しみだわ

▼順番待ちの間
和菓子洋菓子と二種類適当に用意して頂きましょう
珈琲よりは紅茶かしら、飲み物も忘れずに
「時々顔は見て知っていたのだけれど――」
黄金崎さんににこやかに挨拶
依頼のお仲間イクス君の彼女さんで、
私の所属している結社の団長リーリィちゃんとも親しいみたい
黙示録でも時々顔を合わせるのよね
「改めてよろしくね」
手を差し出して友好を深めましょう

「仲睦まじいとはこの事よね。そう思いませんか?」
イクス君ペア、那智さんペアを見ながら連夜さんに話しかける
ただ、榊君と舞子ちゃんには悪い事をしてしまったかしら?
「二人も愉しんでる? お茶のお変わりあるわよ」
二人にも愉しんで貰いたいしね

▼順番
ペアが可能なら連夜さんと二番目に乗りましょう
一人なら連夜さんに先に乗って貰いましょう
「ふふ、連夜さんとても似合っていますよ」
彼ならどんな格好でも似合うでしょうから

「随分と激しい…もう少しゆっくりお願いできない?」
勢い余っているようなら声を掛けてみましょう
連夜さんがいるなら手を重ねて繋ぐわ

「車夫さん、この辺りの街並みを詳しく教えて貰えないかしら?」
会話が難しいなら静かにしてるけどね
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。