Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海辺の猫プレイング

▼心情
何体もの妖獣と戦ってきたけれど、ここまで力を持った相手は覚えがないわね
存分に楽しませて貰いましょうか

▼配置
前衛

▼準備・作戦
海辺に通じる出入り口や周辺に立ち入り禁止の看板やカラーコーン、ロープ等を設置しておく
皆と離れ過ぎない程度に分担する
足場対策にスパイクを用意

▼戦闘前
「暖かくなってきたと言ってもまだ風は冷たいわね」
風に髪を押さえながら海を眺めて呟く
もう少しすれば海水浴に来る人も増えてくるでしょうし、そう考えれば今回は不幸中の幸いかしら?
妖獣の姿を確認したら皆に呼び掛ける
一般人が迷い込むようならブリアード先輩に対応して貰う

▼戦闘
戦闘開始時に黒燐奏甲を自分に使用
「ようやくのお出ましね。手筈通り行きましょう」
虎のような巨躯と尾が蛇と化した妖獣か
随分強そうだし、少しは楽しませてくれるのかしら?

特にタイマンチェーンで注意を引き付ける予定の悠理君の体力には注意
危険だと判断すれば黒燐奏甲を使用
自身はダメージが防具を抜ければ使用

・吸血噛み付き使用時
「少しは楽しませてくれるのでしょう?」
呪髪をなびかせ、クスリと笑って攻撃よ

・ダメージが防具を抜けた場合
「…やってくれるじゃない」
その強さを目の当たりにして不敵に笑う
少しは楽しめそうだわ

▼戦闘後
仲間の様子を確認して、怪我人がいなければホッと一息ね
使った機材を片付けて…帰る前に少し海でも眺めましょうか
「もうすぐ夏ね」

▼武器の名称
【】を省いて構いません
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。