Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死人の矜持、最期の願い

▼心情
思えばナンバードは二度目の死を宣告されている
だからこそ『生きようと』能力者を殺そうとするのよね
でも、それなら何故? 何か理由がありそうね

▼作戦と準備
工事作業員風の服装で一般の人に公園からの退去を促すわ
理由は付近のガス漏れの修理という事でね
「申し訳ありませんが、ご協力をお願いします」
丁寧な態度で、技能の『お願い』も活用

一般の人達の避難を優先して、ナンバードの捜索はその上でね
ナンバードと単独で戦闘になるようなら笛で皆に知らせるわ
前衛担当よ

▼戦闘前
可能ならカツジ君と話をするわ
「アナタが何故普通の人達を襲おうと思ったのか、興味があるの」
程度の差はあれ、私の知るナンバードはそんな事はしないわ

私に彼は救えない
出来る事は、戦うか、話に少し付き合う事くらいだから
お花見も勿論いいわよ

▼戦闘
カツジ君が自暴自棄になるなら容赦はしない
一騎打ちや抵抗せず死を受け入れるのなら望み通りに
一騎打ちは相澤君に任せるわ

二度目の『死』なんて私には想像もつかないけれど
少しでも笑って迎える事が出来たら良いでしょう?

普通に戦いになれば包囲して攻撃
影を滑るように疾駆して、しなやかな肢体を彼に絡み付かせる
甘い吐息を吹きかけて囁く
「アナタの全てを私が奪うわ」
首筋に唇を押し当てて、滅びるまでの僅かな間の温もりを


▼戦闘後
「姫菊さん、良かったら一緒に帰りませんか?」
爽快さとは無縁の幕引きに今の私は人恋しい
手を繋いで帰れたらいいな

▼アビリティ
吸血噛み付き奥義×12
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。