Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合戦の始まり

▼心情
戦いは怖い、でもそれだけじゃない
莉瀬ちゃんにも知って貰えたらいいな

▼作戦と配置
前衛でナンバードの抑え役よ
ダメージが防具を抜けたら黒燐奏甲ね

莉瀬ちゃんは自分を守る事を優先して貰う

▼戦闘前・接触
「こんにちは。合戦田・莉瀬ちゃんで間違いないかしら?」
まずは挨拶ね。微笑みながら声をかけるわ
「私は山科・月子。銀誓館学園からやってきたの」
自己紹介の後は悠ちゃん達のアプローチを見守る
怖がらせないように、畳み掛けないように気を配るわ

私は、莉瀬ちゃんの得た力と『能力者』という存在と呼び方
そして、私達も同じ能力者という事を話すわ
必要なら憑依法や黒燐奏甲も使用ね

その後で本題
ナンバードという敵が莉瀬ちゃんを狙っている事
その手から私達はアナタを助けに来たという事を話す

敵が現れれば残りの仲間も呼んで戦闘態勢
戦えとは言わないし、信用しろとも言えないけれど――
「――信用した『つもり』で少し付き合ってくれると助かるわ」

▼戦闘
開始と同時に影を滑るように疾駆する
ナンバードに接敵して黒燐奏甲を使用
掌から黒燐が花弁のように舞い上がる
「遊んであげるわ」

・吸血噛み付き
「アナタ、とても美味しそうね」
しなやかに体を絡み付かせて耳元で甘い囁き
壊れるくらいにその力を略奪する

「ふふ、ごちそうさま」
瞳は何処か恍惚として、奪った力に火照る体に頬が朱く染まる

▼戦闘後
「物語の舞台に上がった気分はどうかしら?」
怖いだけじゃないなら幸いね

▼アビリティ
吸血噛み付き奥義×8
黒燐奏甲改×4
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。