Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪降る夜の遊歩道、流れる川で凍てつく女

▼心情
私の出来る事を全力で

▼作戦
囮役の菰野さんに黒燐憑依法を使用
菰野さんから合図で解除
判断材料があれば適宜対応する

戦闘は前衛担当

▼戦闘前
「年始から皆大変ね?」
言いながらも私自身は少し愉しくなっている
見回した中に知った顔を見つけたから
小さく山内さんに手を振ると、
「菰野さん、よろしくお願いします」
私は彼に向き直り黒燐憑依法を使用する
それはあたかも桜の花弁が舞い散るように――
▼戦闘
開始と同時に影を滑るように疾駆する
呪髪を靡かせながら、唇が婉然と笑みを刻む
「遊んであげるわ」

地縛霊に近接しながら奏甲を基本で使用
黒い桜の花弁のような黒燐が舞い上がる

ダメージが防具を抜けたら奥義で使用
仲間の状態にも注意ね

・吸血噛み付き
「アナタはどんな声で鳴くのかしら?」
しなやかに体を絡み付かせて耳元で甘い囁き
壊れるくらいに彼女の力を略奪する

「ふふ、ごちそうさま」
手の甲で血を拭いながら、瞳は何処か恍惚として
火照る体に頬が朱く染まる

・冷たき抱擁
「――もっとアナタを感じさせて?」
凍てつくような抱擁すら愉しむわ
乱れる吐息は熱を増して、違う意味でぞくぞくしちゃう

・山内さんと連携
「彼女の動き、少し抑えてくれます?」
出来ますよねと瞳で告げて疾駆する
生まれる隙は逃さないわ

▼戦闘後
怪我もなく皆無事なら何よりよ
「――少し歩きませんか?」
折角ですからと山内さんに手を伸ばす
夜は寒いし手を繋げば暖かいから
今年もよろしくお願いします

▼アビリティ
吸血噛み付き奥義×8
黒燐奏甲×4
黒燐奏甲奥義×4
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。