Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死線上の獣王

▼心情
まさに霊峰を守護するに相応しい威容ね
守護は場所に限らず、あの子も…か
けれど、それも今日で終わり――眠らせてあげるわ

▼作戦
少女は皆に任せて主様の抑え役に専念するわ
ダメージが防具を抜ける等の状況に応じて黒燐奏甲を使用ね
特に抑え役の二人(ふーと慎斗)の状態には注意よ

▼戦闘
開始と同時に前に出ながら黒燐奏甲を使うわ
呪髪がざわりと靡いて、唇が嫣然と笑みを刻む
「相手にとって不足無し。愉しませて貰うわ」

足場が悪いし身軽さで翻弄とはいかないか、力勝負ね
「く、流石は…!」
とはいえ主様の圧力に舌を巻くわ

でも、こちらもやられてばかりじゃないわよ
「アナタの鳴き声、聞かせて頂戴?」
呪髪を靡かせ黒い疾風と化して吸血衝動で反撃よ

基本は無理はせず(衝動は控えめ)に仲間の援護待ち
状態に合わせて主様を引き付けたり回復に回りましょう
足場が悪いしシンプルを心掛けて

・黒燐奏甲使用時
黒い桜の花弁のような黒燐が風に舞う
「私達が先に倒れるか、皆があの子を倒すのが先か、我慢比べね」

仲間が合流したのなら、
「――あとは主様だけね。終わらせましょう」

合流後は出し惜しみは無しで吸血衝動で攻撃
「あの子が向こうで待ってるわよ」

▼戦闘後
激しい戦いの幕が引けばホッと一息
「終わったわね」
見回して、皆無事なら何よりよ
倒れている人がいるなら肩を貸して帰りましょうか

▼呼び方
ふー(風香)、優輝さん、紅葉君、慎斗
サンドラちゃん、イスラちゃん、ウサギちゃん
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。